ツバキキンカクチャワンタケの検鏡

Image3.jpg
胞子


Image.jpg

Image2.jpg
子嚢(水封)


Image4.jpg

Image5.jpg
子嚢(イソジン使用)


Image6.jpg
側糸
スポンサーサイト

3/28 北河内のきのこ

アミガサタケには出会えない場所でしたが、たくさんのツバキキンカクチャワンタケが見れてよかった。。。。。


20130328132735.jpg
カラムラサキハツ 後ろにはナメクジが(赤いカサの右下)。卵産んでるんですね。

20130328135502.jpg
ミイノモミウラモドキ

20130328134406.jpg
???

20130328133241.jpg
モリノカレバタケ属???

20130328133737.jpg
スタイル◎! ホコリタケ

20130328135632.jpg
ニガクリタケ


20130328141903.jpg

20130328141438.jpg
カタクリものせとこか。。。

20130328143710.jpg
???2

20130328152245.jpg

20130328152450.jpg

20130328152945.jpg

20130328153645.jpg
ツバキキンカクチャワンタケ

3/23 南河内のきのこ観察会

 アミガサタケがターゲットの観察会、今年は不作なのかなあとも思いつつ出かける。
観察会開始ししばらくすると、アミガサタケがたくさん!踏むな踏むなというほどたくさん出ていますが、これでも昔に比べればずいぶん減っているそうです。カバイロサカズキタケの群生には歓声!
 満足の観察会。

◎写真はクリックで拡大

20130323104055.jpg
ホコリタケ


20130323104808.jpg
ウラスジチャワンタケ幼菌


20130323110538.jpg

20130323111233.jpg

20130323110811.jpg

20130323111424.jpg
トガリアミガサタケ


20130323112748.jpg

20130323112645.jpg

20130323112323.jpg
ミイノモミウラモドキ よじれた柄

miino1.jpg
 ” 胞子

miino2.jpg
 ” 担子器


20130323114537.jpg
コモウセンゴケ(食虫植物)


20130323114918.jpg
アクニオイタケ 独特のにおい


20130323122249.jpg
カラムラサキハツ

karamurasaki1.jpg

karamurasaki2.jpg
  ”  胞子

karamurasaki3.jpg
  ”  シスチジア

karamurasaki4.jpg
 ” 担子器


20130323115607.jpg

20130323115622.jpg

20130323115729.jpg
最大17cmのオオトガリアミガサタケ


20130323125024.jpg
アミガサタケ属sp.


20130323130100.jpg
ここにもアクニオイタケが


20130323134031.jpg

20130323134135.jpg
長~い足 ツバキキンカクチャワンタケ

tubaki1.jpg
 ” 胞子 

tubaki2.jpg
 ” 子嚢
先端がやや青変


20130323135239.jpg

20130323135839.jpg
カバイロサカズキタケ


kabairo1.jpg

kabairo2.jpg
  ”  子嚢

ミニシンポジウム「顕微鏡の基礎と応用」に参加して

 今日は日本金学会ミニシンポジウムの「顕微鏡の基礎と応用」に参加。顕微鏡の基礎から応用までいろいろな話があった。
特に佐久間さんの話が良かった!
 また、今日いつもsiteにお邪魔させていただいている和田匠平君にはじめて会う。一緒に公園を散策。
顕微鏡写真(匠平君採集標本)はハンズオンセッション会場にて撮影。


20130316121242.jpg
和田君のTシャツ


20130316124228.jpg

20130316124239.jpg
白鳥
自動設定されたシャッタースピード(1/1000)で、がっちり止まってくれた


20130316125600.jpg
ヌメリガサ科だろう


20130316130055.jpg
アラゲキクラゲ


20130316130232.jpg
スエヒロタケ


20130316225340.jpg
パンフレットと和田君がくれた名刺(!!!)


DSC01203.jpg
ヌメリガサ科 担子器(フロキシン染色) 2胞子性だ


DSC01205.jpg
 ” 胞子


DSC01207.jpg
メラノガステル属 胞子


DSC01209.jpg
チチショウロ 胞子(メルツァー染色)
胞子の形とアミロイド・乳液がチチタケ属と似ているので、同じ仲間。

シイタケの顕微鏡観察

今回もシイタケ(栽培)をのぞいてみた。
新カメラと旧カメラでの撮影。旧カメラ(400万画素)でも子嚢など大きなものはよく写る。


DSC01001.jpg
担子器


DSC01019.jpg

DSC01020.jpg
胞子(新カメラ)


IMG_4415.jpg

IMG_4410.jpg
旧カメラ

3/3 矢田の公園のきのこ

 春の兆し?野草は急に元気になりましたが、キノコはまだのようです。
野草よりキノコのほうが敏感?早くシーズンが来るといいのですが。

20130303114037.jpg
春の兆し???


20130303114621.jpg



20130303115824.jpg

20130303120904.jpg
入園すると、エノキタケが!


20130303120400.jpg

20130303120629.jpg
この季節に マンネンタケ


20130303133423.jpg
ヒイロタケ(材も禁止で赤くそまる)


20130303141425.jpg
珍しくきれいな シロハカワラタケ


20130303143038.jpg

20130303143118.jpg
ほだ場(栽培)のシイタケ


20130303144605.jpg
ヒトクチタケ
プロフィール

MANGA41

Author:MANGA41
きのこがすきです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
579位
アクセスランキングを見る>>
ブログ村
応援したい方はクリックしてください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR